いとぴょん安房守 歴スポ攻略 歴史語り

「歴スポ」とは、歴史的スポットの略。史跡、城郭、寺社、墓、石碑などを気ままに攻略した記録です

水戸・祇園寺を攻めた 【諸生党・市川三左衛門の論理】

こんにちは。安房守です。

今回は、ホームの水戸、祇園を攻めました。 

f:id:itopyonawanokami:20210531200155j:plain

祇園寺 水戸市

ここのお寺には、天狗党と対立した諸生党の殉難碑諸生党を率いた水戸藩執政・市川三左衛門弘美の墓所があります。

f:id:itopyonawanokami:20210531195619j:plain

5月30日放送の大河ドラマ「青天を衝け」で市川三左衛門は登場しましたね。

市川三左衛門弘美水戸藩史において二大奸臣のひとりとして挙げられるほどの悪名高い人物と言われています。

しかし、この評価は、明治の新政府の世になって、「勝てば官軍、負ければ賊軍」、尊王天狗党は官軍、佐幕の諸生党は賊軍という史観を通したものなので割り引いてみなければいけませんが…。

ドラマでもありましたように、天狗党が決起すると市川は争乱の鎮圧に乗り出します。

尊攘激派を次々に捕縛、投獄、処刑し、国元水戸の藩政を掌握します。
そして、諸生党は天狗党の家族をも投獄、虐待し始めます

水戸の家族は無事なのか?

天狗党に大きな動揺が走ります。

軍議の結果、諸生党討伐の為水戸を目指すことに決定します。
これは、天狗党横浜鎖港という尊王攘夷大義を失わせ、水戸藩内の派閥抗争の意味合いを強くしていくことを意味します。
すなわち、天狗党尊皇攘夷大義に共鳴した、他藩から参加した尊攘派浪士たち、海外通商の煽りを食って困窮した農民たちの天狗党に対する支持を無くしていくことになるのです。

そこまで計算して家族への虐待と意図していたとしたら、市川はワルはワルでも相当のもんです。

 

市川の天狗党に対する厳しい姿勢は、藩内で長年続いた、上級藩士中心の佐幕の諸生と中・下級藩士中心の尊王の天狗との対立が背景にあったと思われます。

役人になれば鰻が食えるが、役人にならなければ鰻の串を削らなければならない」と当時言われていた水戸藩にあって、今回の天狗鎮圧は徳川斉昭藩主就任以来長年「串を削っていた」諸生派の逆襲でした。

市川にとっては、過激な尊攘派はできもしない攘夷の空念仏を唱え、ひたすらに徳川親藩水戸藩の存在を危うくするだけの不忠の輩にすぎない。
しかも、彼らは攘夷の名を借りて献金を略奪・暴行・放火を繰り返し暴れまわっている。
許すわけにはいかない。

このように考えれば、市川の論理も納得できる部分はありそうです。

 

戊辰戦争で逆賊となった市川に率いられた諸生党(市川勢)は水戸を出て、越後、会津を転戦し新政府軍と戦い抜きます。
最後は、市川は水戸藩吏に捕縛され、最も残酷な刑と言われる逆さ磔に処せられました。
処刑前の最後の食事に「鰻飯」を希望したと言われています。

 

【辞世の句】君がため 捨つる命は惜しまねど 忠が不忠になるぞ悲しき

 

志筑を攻めた【伊東甲子太郎の故郷】

今回、志筑(しづく 茨城県かすみがうら市を攻めました。


鎌倉時代源頼朝の近臣の一人・下河辺正義志筑城を築城。

f:id:itopyonawanokami:20210517204957j:plain



江戸時代には出羽本堂より移封した本堂氏の陣屋となりました。

その後、陣屋跡は小学校となっておりましたが、小学校移転で校庭だった跡地に樹齢500年という大きなシイノキと古い石碑が残され、そして真新しい立派な顕彰碑が建てられています。

f:id:itopyonawanokami:20210517210039j:plain
f:id:itopyonawanokami:20210517210216j:plain




昨年、地元の有志により建立された伊東甲子太郎の顕彰碑です。

f:id:itopyonawanokami:20210517205907j:plain

伊東甲子太郎は、天保6年、本堂氏の家臣鈴木家の長男・鈴木大蔵として誕生します。大蔵は青年期にに水戸学を学び、剣術は神道無念流北辰一刀流を極め、江戸の伊東道場を任されます。
そして道場主の娘と結婚し、伊東大蔵を名乗ることになります

その後、弟子の藤堂平助の誘いで新撰組に入隊し、入隊の年の干支が甲子であったことから「伊東甲子太郎」と改名しました。

 

新撰組の中では、幹部級の参謀を務めますが、深い見識と爽やかな人柄で京都、西日本の志士たちとの交流を活発にします。
勤王家である伊東は、次第に近藤勇土方歳三などの幹部隊士と意見を異にすることが多くなります。

新撰組の内部崩壊を狙っていたんでしょうね。

その後、同志15名と離脱し、孝明天皇御陵衛士となりますが、新撰組隊士に暗殺されてしまいました。

 

 伊東は、朝廷に建白書を提出しています。
公家中心の新政府を作り、一和同心をスローガンに広く天下から人材を集め、国民皆兵、大開国、大強国を唱え、積極開国よる富国強兵策を示しています。

攘夷の水戸学を学んだ伊東だけに、この考えは意外に思うかもしれないですね。

 

青天を衝け」で一橋家臣になった原市之進が攘夷の総本山・水戸藩出身なのに慶喜の影響で「開国派」になったという件がありましたが、これは正確ではありません。


「開国派」も究極の目的は外国の侵略を排除する(=攘夷)であるのだから、実は、日本人みんな攘夷の考えなんです。

何のために開国するのか?

攘夷するため。攘夷をするには、海外の最新技術を学ぶ!国を富ませる!軍備を整える!

 

開国して外国の言いなりになってさえいれば、海外の侵略から逃れられる保証はないわけで。

結局最後は、伊東の言うところの、開国して富国強兵して、海外侵略から国を守り独立を確保する(=攘夷する)に行きつくことになります

 

さて、伊東甲子太郎ですが、昭和18年地元の有志により伊東甲子太郎顕彰碑建立が計画され、碑文の彫刻も終わりいざ建立という直前に碑石が盗難にあってしまい、建立できずにいました。
ようやく昨年建立にこぎつけたとのことです。


パンフレットも丁寧に用意されています。
おかげで色々なことを知ることができました。
ありがとうございました。

 

f:id:itopyonawanokami:20210517205107j:plain
f:id:itopyonawanokami:20210517205129j:plain

 

しかし、それにしても石碑を盗む人がいるんですね、新撰組の仕業なんでしょうか(笑)(終わり)

 

 

 

 

 

宍戸を攻めた 【宍戸藩の悲劇】

今回は、茨城県笠間市の宍戸を攻めました。

宍戸藩は徳川光圀の弟に水戸藩領を分与され立藩された、石高一万石の小藩です。水戸藩の御連枝として、藩政のほとんどは水戸藩に依存していましたが、れっきとした藩として存続していました。


実は、宍戸藩は幕末の天狗党の乱で、全く予期せず最悪のとばっちりを受けたような形で藩主切腹、改易という処分を受けてしまった藩なんです。

藩主が切腹で改易という処分、尋常な沙汰ではありません。江戸時代の長い歴史の中で、300もの大名家があった中で、ほとんど例がないのではないでしょうか?

 

一体、宍戸藩に何が起こったのでしょうか?

 

現在、陣屋の跡がありますが、土塁ばかりを残すのみでほとんど遺構は残っていません。

f:id:itopyonawanokami:20210515094931j:plain

 

立派な表門が少し離れた民家に移築されています。
重厚な門構えですね。

 

f:id:itopyonawanokami:20210515095047j:plain
f:id:itopyonawanokami:20210515095121j:plain

 

1864年天狗党が決起すると、天狗党と対立派閥であった、水戸藩家老・市川三左衛門率いる諸生党(市川勢)天狗党鎮圧に乗り出した幕府の権威を背景に国元の水戸藩政の実権を掌握し、天狗党を徹底弾圧し始めます。

何とか水戸藩内々で事態を収束したい水戸藩主・徳川慶篤は自分の名代として宍戸藩主・松平頼徳を水戸に派遣、鎮撫を命じます。
宍戸藩は石高一万石の小藩、直属の軍は貧弱なので水戸藩尊攘派で穏健な鎮派の軍1000名を付け、水戸を下向させました。
下向の道中、武田耕雲斎の一派、市川勢に不満を持つ農兵などが合流し3000名の大集団(大発勢)になりました。

大軍勢を率いる形となった松平頼徳は水戸城に到着し、城に籠る市川勢に自らは水戸藩主の名代で鎮撫に来た旨を伝え、水戸城の入城許可を求めます。

 

f:id:itopyonawanokami:20210515095417j:plain

水戸城 大手門(復元)

 

しかし、市川は尊攘派の軍勢が加わっている大発勢にせっかく掌握した水戸藩政の実権を奪われてしまうのではないかと危惧し、入城を拒絶、押問答の末、大発勢へ発砲を命じました
大発勢は応戦しますが、兵糧不足もあり、一旦那珂湊に退きました。

 

大発勢は、市川勢排除のため、武田耕雲斎の一派、筑波山で決起した天狗党(筑波勢)と連携し、市川勢との戦闘が行われますが、幕軍の支援を受けた市川勢に押され次第に劣勢になっていきます。
このままでは、頼徳は、名代としての役割を果たしえないばかりか、暴徒認定されている筑波勢と結託し幕軍の支援をうけた市川勢を攻撃することは、幕府に反逆した筑波勢と同類と見なされてしまう。

 

やがて、幕軍から使者が来て、幕府へ直訴の機会を作る用意があると松平頼徳に伝えてきました。
頼徳は、「これは奸計だ」と主張する周囲の反対を押し切り、この申し出に応じます。


市川勢に対しては弓を引いたが、幕府に対しては敵対行動を取っていない、そして停戦の意思を示し、あくまでも鎮撫の任務を果たすことを誠心誠意訴えるため、自らの忠義、潔白を信じていた頼徳は、何の疑いもなく幕府本営に少数の家臣共に赴きました。

 

しかし、この申し出は頼徳を誘い出す罠であり、頼徳は幕府に捕えられ、直訴の機会なく、暴徒筑波勢との野合と幕府への敵対行為の罪切腹が命じられ、宍戸松平家の改易が決定してしまいました。


また、悲憤した宍戸藩士7名も切腹し、さらに藩士27名が斬首、そして藩主の冤を雪ごうとした藩士22名が捕えられ合わせて宍戸藩士63名が亡くなったと言います。
一万石の小藩にとり、かなりの割合の藩士が犠牲となる悲劇となってしまったのです。

 

f:id:itopyonawanokami:20210515095752j:plain

笠間市内の養福寺の元治甲子之変殉難碑の裏にびっしりと殉難藩士の名が刻まれておりました。

合掌。

 

【松平頼徳の辞世の句】
思いきや 野田の案山子の竹の弓 引きもはなさで朽ち果てんとは

 

その後、改易された宍戸藩は、慶応4年2月、朝廷の計らいにより再び立藩され、廃藩置県まで存続しました。(終わり)

 

 

 

 

那珂湊、大洗を攻めた 水戸藩版お台場

水戸市の北、那珂川を挟んでひたちなか市があります。
また、水戸市の東には大洗町があります。

それぞれ、ひたちなか市国立ひたちなか海浜公園ネモフィラ大洗町ガルパン大洗水族館が有名です。
GWの旅行先としては、これらの観光スポットが定番でしょう。
家族サービスにはもってこい、写真を撮ってアップすれば、ほぼ確実に「いいね」をGETできます。

しかし、小生には、人気観光地は蜜になっているんじゃ?歴スポ攻略に行かなくていいのか?という思いが強く、誰も見向きもしない那珂湊、大洗の歴スポ攻略に魅力を感じ、出撃ました。例によって一人です。

 

まずは、いひんかく(難しい漢字を書くので写真をご参考ください)に行きました。

f:id:itopyonawanokami:20210510185716j:plain
f:id:itopyonawanokami:20210510185753j:plain

いひんかくは、水戸黄門(水戸藩第2代藩主)によって那珂湊を見下ろす高台に築かれた別荘です。

豪華な御殿があったようですが、幕末は天狗党の乱の戦場となり、焼失してしまいました。
実に見事な松の木が何本もありますが、水戸黄門が造園時に明石須磨からクロマツの苗木を持ってきて植えたもので、幕末の兵火を乗り越え、今も健在です。
幹回りは2~3メートルありそうです。

f:id:itopyonawanokami:20210510202153j:plain

 

江戸時代、(那珂湊)は水戸藩一の港で、那珂川の河口に位置し、川をそのまま遡上すれば水戸城下へ、那珂川の途中で分岐する涸沼を行けば、涸沼霞ヶ浦利根川江戸川を経由して江戸に至ると言う水上交通路の要衝にありました。
東北諸藩の米の多くは、那珂湊に運び、そこで、河川用の船に積み替えて江戸に運ばれました。
鹿島灘沖、銚子沖を通る航路は危険だったらしいです。

 

いひんかくから望むと眺めがよく那珂川の様子もよくわかります。

f:id:itopyonawanokami:20210510195210j:plain

那珂川の向こう岸は大洗の町ですが、天狗党の乱では川を挟んで砲弾が飛び交ったそうです。
大洗水族館の裏手あたりに砲台があったそうですが…。

 

 

早速行ってみました、祝町向洲砲台跡

f:id:itopyonawanokami:20210510202015j:plain
f:id:itopyonawanokami:20210510202057j:plain

草ボーボーですね。
写真でもなんとなく、土塁が確認できますでしょうか?
えっ、単なる松林、草むら?

 
えっと、ここは、徳川斉昭が攘夷のために作った砲台跡ですよ。
水戸藩版お台場
全然おしゃれじゃないけどね。


那珂川を遡上する異国船を砲撃できる位置にあり、大砲が備え付けられていました。
異国人を打ち払うための施設が、天狗党の乱で同じ水戸藩同士の戦で使われてしまうという悲劇がありました。

 

 

さらに南にある磯浜海防陣地跡に行きました。

f:id:itopyonawanokami:20210510202125j:plain
f:id:itopyonawanokami:20210510195235j:plain

大洗港近くの高台に築かれ、異国船の見張り、海防要員である水戸藩士の常駐施設なんですね。
遠見番所であっただけに大変見晴らしがよく、大洗マリンタワー、客船さんふらわー号など大洗港が望見できました。

 

天狗党の乱では、この地に水戸藩の御連枝・宍戸藩藩主の松平頼徳が陣を張ったと言われています。

 

宍戸藩と松平頼徳については、別の機会に紹介したいと思います。(終わり)

野州・栃木を攻めた2

大中寺からは栃木市の市街地へ向かうことにします。

 

定願寺に着きました。

f:id:itopyonawanokami:20210509211922j:plain

ここは、幕末の天狗党の乱で天狗党の幹部・藤田小四郎の宿営地として使われたお寺といわれています。

おそらく間違いはないとおもいますが、
何か説明板があるかと境内を探しましたが無し。
もしかして、違うのかな?


多分ですね、天狗党が、軍用金の献金を拒否した栃木の街を焼き討ちしたんで、栃木の人たちとっては天狗党は暴徒・悪魔でしかない、触れたくない存在だからなんでしょうかね。
そういえば、大平山神社に行った時も天狗党に関する情報はほとんどありませんでした。

 史実は一つ、史観はいくつもあるということでしょうか?

非常に難しいことです。
様々な見方を勉強していきたいですね。

 

栃木市役所の立派な立体駐車場(市民税を払ってないのに無料です!)をお借りして車を降り、情緒ある蔵の街を散策しました。

ところどころに古い蔵や古い洋館も残されています。
特に巴波川(うずまがわと読みます)沿いは必見です。
今の時期は、鯉のぼりが飾られ、いい雰囲気でした。
川には本物の鯉が泳いでおりました。

f:id:itopyonawanokami:20210509211958j:plain

 

栃木の街は、舟運で栄えた問屋町で北関東の商都と呼ばれておりました。
また、江戸時代より例幣使街道(いい響きですね!)の宿場として栄え、日光東照宮を参拝する諸国の大名もここを通り、大いににぎわったと言われています。

f:id:itopyonawanokami:20210509212036j:plain

 

そういう意味では、天狗党は、人、モノ、金が集まる 交通の要衝を抑えておきたかったのでしょうか。

 

さて、次は皆川城攻略と思いましたが、天気の雲行きが怪しくなったので、ここで退却することにしました。
またの機会に攻略したいと思います。

以上、攻略報告を終わります。

 

野州・栃木を攻めた1

5月6日、7日の2日間有給休暇を取得させていただいた小生にとりましては、本日(5月9日)はGW最終日。
どこか行こうにも、コロナのご時世で…。あまり人出の少ない近場をさくっとドライブし、「歴スポ」を数カ所攻略しようと栃木に決定

「栃木(県)のどこ?」「栃木」「日光?那須?宇都宮?」「栃木」「?」「だから栃木」というやり取りが家族であり、結局ひとりで栃木市に向かうことになりました。

なぜ栃木に決めたのかというと、かつて北関東商都として栄え、古い蔵の街並みが残る街で歴スポが多いだろうと予想したから。
さらに詳しく言うなら、天狗党の乱上杉謙信北条氏に関する所縁を求めて、そして皆川城を攻略したかったということになります。
事前の攻略目標の明確化は大事と心得ております。

それでは、本日攻略した歴スポを順に紹介します。

まず攻略したは大平山神社。本殿近くまでは車で上がれるようですが、やっぱり六角堂辺りからあじさい坂という石段を登っていくのが定石でしょう。
しかーし、今の時期あじさいも咲いてなく、暑さに極度に弱く、体力不足の小生には…あじさい坂が途方の無いものに見えてきました。
あじさいの無い坂はスルーし、随神門近くの駐車場まで車で登り、そこからアタックすることにしました。

f:id:itopyonawanokami:20210509180518j:plain
f:id:itopyonawanokami:20210509180551j:plain

 

随神門からも結構石段が急でしたが、一応難なく本殿に到着。

f:id:itopyonawanokami:20210509180638j:plain

 幕末、大平山の中腹に筑波山で決起した天狗党は陣を大平山の中腹に遷し、しばらく駐屯したらしいのですが、その場所と言うのが全く分からず表示くらい出していても…と思いました。表示もなくわからず。
もしかして、スルーしたあじさい坂の途中にあったとか…。
結局、お参りだけして帰りました。

大平山の謙信平です。
越後から三国峠を越え、関東に攻めこんだ上杉謙信
彼がここから絶景を眺めたと言われています。
実り豊かな関東平野を見て彼はどう感じたのでしょうね。
北条がいなかったら、関東は彼が制していたのでしょうか?

f:id:itopyonawanokami:20210509180719j:plain

 

大平山からの移動でナビを見た時、大中寺という表示を見ました。
上杉と北条の和議が結ばれた(相越同盟)場所のようです。
行ってみると本堂がでかく迫力がありました。
あんなに交戦していた相越が同盟?
戦国時代の関東の情勢は面白いですな。
ちなみに「謙信越山」を今読んでおります 。

f:id:itopyonawanokami:20210509180811j:plain
f:id:itopyonawanokami:20210509180853j:plain

 

後半に続きます

 

天狗党決起② ~筑波山神社(茨城県つくば市)~

鈴の宮稲荷神社の神前で祈願の後、霊峰・筑波山の麓に尊王攘夷の義旗が翻りました。


早速、各地から、浪士、農民、神官、博徒など天狗党の決起に呼応する様々な者たちが集結し、その数は数百に達したいいます。 

f:id:itopyonawanokami:20210508164351j:plain

筑波山神社拝殿

 

なぜ、これほどまでに天狗党の決起に呼応する人々が出てきたのでしょうか?

 

開国以来、海外との通商が本格化すると、極度なインフレとなり民衆の生活は困窮を極めていきました。
常陸で盛んであった木綿産業は、産業革命で安価に大量生産されるイギリスの綿製品に駆逐され、壊滅的打撃を受け農村は荒廃しきっていたのです。
農民たちにとって、この決起は経済的困窮に起因する世直し一揆として期待されたからであったのです。

大河ドラマや小説では、攘夷運動は単なる過激なナショナリズムの高揚、尊王VS佐幕の政治対立、水戸学のイデオロギー論争としてと描かれますが、民衆の困窮による社会不安が背景にあると思います。

さて、実は、決起の前、「攘夷挙兵は無謀だ、無駄死にだ、自重せよ」と水戸藩激派重鎮・武田耕雲斎によって小四郎は諫められていました。
しかし、小四郎とって農村の惨状は無視できず、事前の遊説、募兵運動の感触から、決起成功の目算を感じていたのでしょう。

小四郎は改めて確信しました。「我々の決起によって、後に続くものが現れる。決起は間違いではなかった!」と。

f:id:itopyonawanokami:20210508163925j:plain

藤田小四郎 銅像

 しかし、この後、いくつかの想定外の誤算天狗党に襲い掛かるのです…。